HORISTIC LIFE SEMINAR -α- 2021

「ホリスティックライフセミナーα」がさらに充実します。
このたびの資料には、新たに感染症、脳・神経、婦人科系、前立腺、エイジングケアなども加えています。
一部紹介させていただくと・・・
[例]感染症について
(1)細菌とウイルスの違い
ウイルスの構造はシンプルで、自らの全遺伝情報(設計図)と、それを包むたんぱく質の殻からできています。
細菌とウイルスの大きな違いは、「      は自ら増殖できる」のに対し、「      は細胞に感染してヒモのように取りつかないと増殖できません」。
細菌が原因での感染症をいくつかあげると、コレラ、結核、赤痢、百日咳、梅毒、ジフテリア、溶連菌感染症、大腸菌感染症、マイコプラズマ肺炎などがあります。同じ細菌がどこに感染するかによって、髄膜炎や敗血症のように、違う病気を引き起こすこともあります。
ウイルスは単体では栄養を摂取することができず、自力で増殖することもできません。単純な構造で細胞を持っておらず、基本的にはタンパク質のカプシドという殻の中に・・・
[例]心・神経・精神/脳・神経について
(2)心身症と神経症の違い
同じような心理的要因がありながら、   症は胃潰瘍などの身体の病気として症状が現れます。
一方で、   症はヒステリーや恐怖症、パニック障害など、精神の病気として現れます。
心身症は   適応が問題であり、真面目でせっかち、野心的であって自己犠牲的な一面があり、競争的で負けず嫌い、仕事中心、良い自分であろうとする傾向も強いとされています。また、内的な感情に気づきにくく、表現もどちらかというと下手で、空腹感や疲労感などの感覚が低下している方が多いともいわれています。
神経症はともかく   適応が最大の問題であり、公私ともに対人関係でトラブルを起こしやすく、現実に適切に対応することが苦手とされています。また、環境の影響も少なくありませんが、   的に不安定な素質があったり、   の不調やトラブルを抱えている方も・・・
[例]エイジングケアについて
(2)エイジングケアで心がけたいこと(ディスカッション)
◇元気な血液を保つ
赤血球の数は約   兆個にもおよぶとされています。
A/G比をチェックして分かること・・・
◇血管を守る
血管の   %は毛細血管、これらの血管をすべてつなぎあわせると約   万km、地球   半の長さにもなるともいわれています。通行止めにならないように・・・
◇肥満・肥満症を予防する
肥満と肥満症は異なります。日本では肥満指数(BMI)が   以上であれば肥満とされています。肥満症は医学的に判断して、減量の治療が必要な場合をいいます。
メタボリックシンドローム⇒ウエスト周囲径:男性   cm以上・女性   cm以上、高血糖(空腹時血糖110㎎/dℓ以上)、高脂質(中性脂肪150㎎/dℓまたはHDLコレステロール40㎎/dℓ以下、高血圧(収縮期血圧130mmHg以上または拡張期血圧85mmHg以上。
肥満・肥満症は、生活習慣病など、病気になるリスクが   なります。内臓脂肪と皮下脂肪・・・
ホリスティックライフ」セミナーは、健康への自立を目指し、一人でも多くの方に「セルフメディケーション」の知識と実践力を身につけていただくための、「きっかけ」と「気づき」のセミナーでもあります。
西洋医学と東洋医学の見地から、基礎的な知識を学び、簡単な血液検査データの見方も習得していきますが、さらに、実際の生活習慣に応用できるように、知識を習得し、実践に展開していきます。
ヴィファーム
レンチンコップ
動物用レンチンコップ
化粧品OEM・ODM
開発実績一覧
血液検査とホリスティックライフ
ビューティープログラム
動物補完代替医療協会SCAMA
店舗紹介