抗体量・副反応・抗体保持について

新型コロナウイルスワクチンの抗体量は、「1回目よりも2回目の接種後の方が多く」、また「男性よりも女性の方が多い」ということが報告されています。
また副反応は、「1回目よりも2回目の方が強い傾向」があり、「男性よりも女性の方が、副反応の強さを訴える方が多い」ともいわれています。
「1回目よりも2回目の方が抗体の量が増加」ことも報告されています。
性別と年齢の差異を調べると、「男性よりも女性の方が抗体の量が増えている」、さらに「男性は年齢が高いほど抗体の増加量が少なく、女性は年齢による差が見られない」ことも確認されています。新型コロナウイルスワクチンの副反応は、注射部位の痛みや赤み・筋肉や関節の痛み・頭痛・発熱・めまいなどですが、心筋症・血栓症・免疫暴走(サイトカインストーム)、極まれですが原因不明も含め、多臓器不全などが疑われるケースもあります。
抗体を保持する能力には個人差があります。
新型コロナウイルスワクチンの接種後3ヶ月くらい経過すると、せっかく得た抗体であっても、4分の1程度になることが報告されています。性別や年齢との関係もあるようですが、柔軟に対応していくことが重要です。
ワクチンは感染症対策には有効な手段の一つです。但し、新型コロナウイルスに使用されているmRNAワクチンは、「インフルエンザワクチンに近い効果作用ではないか」という見方もされてきています。3回目のブースターワクチンを推奨し接種を促す国も多くなっていますが、このブースターワクチンを接種することで抗体量が増え、重篤化を防ぐ効果があることも報告されています。
その状況下、逆にADE(抗体依存性感染増強)は大丈夫であろうか…、そのことも懸念されています。日頃から免疫力を意識してケアすることが根本的に重要、それは予防においても、抗体を保持することにおいても、不可欠なことです。
レンチンコップ 詳細はこちら
ヴィファーム
レンチンコップ
動物用レンチンコップ
化粧品OEM・ODM
開発実績一覧
血液検査とホリスティックライフ
ビューティープログラム
動物補完代替医療協会SCAMA
店舗紹介