細菌とウイルス

細菌は栄養を摂取して生存し、細胞分裂を繰り返し増殖しています。細胞を持っていて、ウイルスよりも大きく、光学顕微鏡で観察することもできます。
細菌が原因での感染症をいくつかあげると、コレラ、結核、赤痢、百日咳、梅毒、ジフテリア、溶連菌感染症、大腸菌感染症、マイコプラズマ肺炎などがあります。同じ細菌がどこに感染するかによって、髄膜炎や敗血症のように、違う病気を引き起こすこともあります。
細菌には細菌の細胞を攻撃できる抗生物質が効果的です。
ウイルスは単体では栄養を摂取することができず、自力で増殖することもできません。
単純な構造で細胞を持っておらず、基本的にはタンパク質のカプシドという殻の中に遺伝子情報となる核酸が収められています。ウイルスは細菌と比べるととても小さく、電子顕微鏡でやっと見ることができます。ウイルスはとりつくように細胞の中に入り込み、自分のコピーを増やしていきます。やがてウイルスにとりつかれた細胞は死にますが、その時にコピーされた大量のウイルスが飛び出し、次の他の細胞に入り込み、さらに大量にウイルスを増やしていきます。また、その過程の中で変化して、毒性や感染力を強めたりする場合があるので厄介でもあります。
ウイルスが原因での感染症をいくつかあげると、風邪・肺炎、インフルエンザ、水ぼうそう、はしか、風疹、おたふくかぜ、ウイルス性肝炎などがあります。風邪・肺炎を起こすウイルスとしては、コロナウイルスやライノウイルスが代表的です。
ウイルスには細胞が無いので、細胞を攻撃する抗生物質でウイルスを破壊することは困難です。
自己と非自己を見極めてウイルスと戦うNK細胞
免疫細胞の一つにNK細胞(ナチュラルキラー細胞)があります。
NK細胞にはウイルスが侵入すると「非自己」とみなして攻撃をするという特性があります。これは免疫細胞の中でも特異的で、遺伝子情報がどうであるか、すでに抗体を持っているかどうかなどはおかまいなく、「非自己」ということだけで攻撃をしかけていきます。また、免疫細胞は司令官的な働きをするリンパ球の指示で機能していますが、NK細胞は単独で働けるという特性も持っています。
しかし、健康状態によって、NK細胞の活性力には差がでてきます。精神的なストレス、慢性疲労、加齢等によって機能が低下する傾向がありますので、常日頃から睡眠・運動・食事など、生活習慣を整えるよう注意が必要です。
購入はこちら
レンチンコップの主成分「米ぬか由来のアラビノキシラン」は、NK細胞に積極的に働きかけることが臨床と基礎研究によって報告されています。
ヴィファーム
レンチンコップ
動物用レンチンコップ
化粧品OEM・ODM
開発実績一覧
血液検査とホリスティックライフ
ビューティープログラム
動物補完代替医療協会SCAMA
店舗紹介