自然免疫を元気に保つ

エボラ出血熱の薬であるレムデシビルが新型コロナウィルスの治療薬として国内初の薬事承認、また、新型インフルエンザの治療薬アビガンも続いて承認。これらの薬は新型コロナウィルスの増殖を抑えて症状を改善することを目的として使用されています。
抗原検査キットも新たに承認、PCR検査を補完することが期待され、このような流れの中で、新型ウィルスへの対応の仕方も徐々に変わっていくと思われます。
引き続き感染予防を行いながら、感染しても重症化しないように、社会的に最悪の事態は免れるように、これまでの失敗や不備から学んだ「次の対策」が期待されています。
精神的にも重くのしかかるような感覚が強い中、次の大きな波が押し寄せてきた際に、単に「自粛」ということでは立ち行かないでしょうし、経済的にもさらに大きな打撃を受けてしまいます。
ワクチンができて一般化されるのはまだまだ多くの課題があり、人口の約7割が感染して「集団免疫」ができればとも考えられますが、これも人為的に促すことは難しく、まだ先のことでしょう。
新型コロナウィルスは変異しながら世界中で感染し今も拡大しています。
次の波は確実に来るだろうといわれていますが、再燃したS型、それともちょっと厄介な欧米等のL型、またはもっと変異した新型・・・、これまでにも増して、「自分も感染する可能性がある」と考えて、自分で自分を守ることの取り組みも、これまで以上に重要になってきているように思います。 
マスク、手洗い、三密回避などはもちろん大切ですが、さらに重要なポイントは免疫力です。
免疫力とは異物を排除したり攻撃する能力のことであり、ウィルスや細菌や寄生虫、体内では癌細胞など、それら異物を排除しながら攻撃していきます。ウィルスであればNK細胞やT細胞、細菌ならマクロファージ、寄生虫であれば好酸球や好中球と、異物の大きさによって得意不得意があるような一面もあります。
免疫には「自然免疫と獲得免疫の2種類」があります。
「自然免疫」は誰しもに基から備わっている免疫で、ウィルスや細菌、癌細胞などの異物に反応して速やかに排除したり攻撃したりすることができます。
但し、「自然免疫」は反応が速やかでどんな敵とでも戦えますが、その能力には加齢・過労・ストレスが深く関与して、個人差があり、状況によっては完全に排除ができないやっつけられない、という事態に陥ることもあります。そのような場合は何とか異物の情報を獲得免疫側に伝え、獲得免疫側では受け取った情報を分析し、異物を排除したり完全に打破して抗体を作っていきます。
但し、獲得免疫は一度その病気にかかったことがないと反応できません。例えば、ほとんどの人がかかったことが無い新型コロナウィルス感染症では、十分に働くことができません。ここに怖さや不安があります。
「自然免疫」をいかに元気に保ち、自分を守るか、これはとても重要です。
「自然免疫」が元気に保たれていれば、ウィルスなど異物の侵入を防ぐことができますし、体内に侵入しても増殖を抑え、獲得免疫が機能するまでの時間を稼ぐこともできます。
「自然免疫」の中で、ウィルス感染に「主として働くのはNK細胞」です。しかし、このNK細胞も加齢によってその能力は徐々に低下していきますし、また、過労やストレス、不規則な生活習慣によっても活性力は落ちていきます。年を取るほどに病気や感染症になりやすく、重篤になり治りにくいのはそのためです。
新型コロナウィルスは高齢者ほど重症化しやすく、慢性的な基礎疾患がある人ほど致死率が高いというデータがあります。
「自然免疫を元気に保つ」には生活習慣を整えることが大切ですが、それに少々智恵や工夫を加えて持続すれば、「自然免疫を元気に保つ」ことは、具体的な数値に表れるレベルで可能です。
常日頃から意識して、積み重ねを大切にしたいものです。
レンチンコップ サイマックスボーテ バイタルパワーVIGA
ヴィファーム
レンチンコップ
動物用レンチンコップ
化粧品OEM・ODM
開発実績一覧
血液検査とホリスティックライフ
ビューティープログラム
動物補完代替医療協会SCAMA
店舗紹介